プレア国へ入国

ここはプレア王国。
この国には魔法という不思議な力が存在する。
なかでも王族は強力な魔法を使うことができるらしい。

王宮の庭園では季節ごとに花が咲き、穏やかな時間が流れている。
王と王妃は国内を巡行していて不在。
王宮では王子や王女、使用人たちが過ごしていた。

暑さが和らぎ、薔薇の咲き誇る過ごしやすい秋の週末。
今日もいつもどおり平穏な朝を迎える
・・・はずだった。

王宮大パニック

 

7人用/GMレス可/約150分程度/密談ありのストーリーです。
上の画像をクリックするとプレア国へ入国します。
王宮へ進むにはパスワード入力が必要です。
また各キャラクターシートにもパスワードを設けております。
各キャラクターごとにBOOTHよりご購入ください。
(代表者が全員分を購入して配布でも大丈夫です。)
キャラクターについては以下の紹介をご覧ください。

 

※現在ユドナリウム化に向けて内容を一部修正中です。よろしければ修正が完了してからのプレイをお願いします。

 

 <登場人物紹介>

 

■つくね王子♂17歳
この国の第二王子。プレア王立学院高等科学生。
魔法が使える。

■こごめ王女♀20歳
この国の第一王女。プレア王立学院大学学生。
魔法が使える。

■ひばり王女♀8歳
この国の第二王女。プレア王立学院初等科学生。
魔法が使える。

■きっこう執事長♂76歳
この王宮に一番長く仕える執事。
1ヶ月前に入院したが、2週間前に職務復帰。

■りく庭師♂15歳
この王宮の庭を剪定する少年。
1週間前に採用されたばかり。

■やがすり兵長♂33歳
この王宮内を警護するエリート近衛兵。
愛国心が強く、部下からの信頼も厚い。

■のしめ料理長♂32歳
この王宮の台所を預かる青年。
スイーツ作りにも定評がある。

 

<プレイ条件>
・『ぼくらの夏季休暇』をプレイ済みが望ましい。
(未プレイでも可能ですが推奨します。理由はエンディング後のおまけに載せました)

 

<密談について>
このシナリオには2人/2人/3人に分かれる密談が3回あります。
誰と密談したいか指名制です。少し複雑なので先に説明しておきます。
①予め指名順を決めておく。(キャラ紹介順でもOK。順番による優劣はありません)
②自分の番では「私は〇〇と密談がしたいです。他に〇〇と密談したい人はいますか?」と全員に聞いてください。
 →他に希望者がいる場合は、指名された人が1人を選んでください。
 →自分の番なのに選ばれなかったら、再度他の人を指名できます。
③3人目として密談に入りたい場合は、先に決まっている2人がOKすれば入れます。
④最後の1人になった場合は、好きなペアの密談に入ることができます。 

 ←密談ペア決めの例です。

 

 画像をクリックするとBOOTHへ飛びます

 

HOME

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう